忍者ブログ

みかど工房

PC・ネット関連や模型関連・ガンプラのレビューなどをマッタリ書いていきます

<< | 2017/04 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 | >>

ブログランキングです。クリックしてくれると、更新率があがります(・ω・)
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 人気ブログランキングへ BLOG-OU.gif web-r.gif blogrank7001.gif 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 toremaga_88_31_1_cya.gif くる天 人気ブログランキング blogram投票ボタン

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Scytheから定番のCPUクーラーの3代目モデルが発売されました

Scytheから定番のCPUクーラーの3代目モデルが発売されました

その名も忍者参。

http://www.scythe.co.jp/cooler/ninja3.html
・サイズブランド伝統のサイドフロー型CPUクーラー「忍者」シリーズの3代目モデル。先代モデル比で約7%性能アップ。(外気温23℃/TDP130Wを想定、先代モデル=忍者弐)ファンレス運用での性能は先代モデルと同等。(30cmの距離から12cm角/800rpmファンによるエアフローを想定した場合)M.A.P.S(Multiple Airflow Pass-through Structure)多重エアフロー透過構造採用「無限弐」クーラーで培われた、ファンのエアフロー効果を最大限に活かすブロック構造によるフィン設計を採用。本モデルは忍者クーラー伝統のフィン形状に合わせ4ブロック構造としました。

・F.M.S.B.2(Flip Mount Super Back-plate 2) フリップ・マウント・スーパー・バックプレート2ユニバーサル対応の専用バックプレートでクーラー本体をマザーボードに強力に取り付ける機構を実現。

・オリジナル小軸&大型ブレード設計12cmファン「KAZE JYUNI」可変PWMモデル搭載可変PWMとは・・?付属のファンコントローラーツマミにより、PWMによるファン回転数の帯域そのものの変更が可能です。最大帯域740~1900rpmから最小帯域470~1340rpmの間で設定が可能となり、これによりPWMファンのキャラクターそのものをユーザーの好みに変えられます(冷却重視型・静音重視型・バランス型など)。 ※最小回転数、最大回転数を個別に設定することは出来ません。



忍者弐からの違いは、ヒートパイプが6本から8本に増加した事とクーラーを上から見ると分かるのですが放熱フィンが四分割されています。

フィンが四分割されるのは、サイズの他のクーラーでも見られる事ですので効率が良いのでしょう。

性能は折り紙付きですので、安心して買えるシリーズです。

価格は4000円前後と大型クーラーとしては安い部類になります。

Scythe 忍者参 (SCNJ-3000)販売価格:\3,980 (税込) ポイント:40
ユニバーサル対応サイドフロー型CPUクーラー忍者シリーズ3代目モデル

■サイズブランド伝統のサイドフロー型CPUクーラー「忍者」シリーズの3代目モデル。先代モデル比で約7%性能アップ。(外気温23℃/TDP130Wを想定、先代モデル=忍者弐)ファンレス運用での性能は先代モデルと同等。(30cmの距離から12cm角/800rpmファンによるエアフローを想定した場合)
■M.A.P.S(Multiple Airflow Pass-through Structure)多重エアフロー透過構造採用:「無限弐」クーラーで培われた、ファンのエアフロー効果を最大限に活かすブロック構造によるフィン設計を採用。本モデルは忍者クーラー伝統のフィン形状に合わせ4ブロック構造としました。
■F.M.S.B.2(Flip Mount Super Back-plate 2)フリップ・マウント・スーパー・バックプレート2:ユニバーサル対応の専用バックプレートでクーラー本体をマザーボードに強力に取り付ける機構を実現。
■オリジナル小軸&大型ブレード設計12cmファン「KAZE JYUNI」可変PWMモデル搭載:付属のファンコントローラーツマミにより、PWMによるファン回転数の帯域そのものの変更が可能です。最大帯域740~1900rpmから最小帯域470~1340rpmの間で設定が可能となり、これによりPWMファンのキャラクターそのものをユーザーの好みに変えられます(冷却重視型・静音重視型・バランス型など)。
※最小回転数、最大回転数を個別に設定することは出来ません。
■外形寸法:120×120×高さ160mm(クーラー全体)/120×120×厚さ25mm(付属ファン)
■ファン回転数:740±25% ~ 1900rpm±10%(最大帯域)/470±30% ~ 1340rpm±10%(最小帯域)
■ノイズ:9.8 ~ 37.0dBA(最大帯域)/7.05 ~ 27.3dBA(最小帯域)
■風量:37.15 ~ 110.31CFM(最大帯域)/23.0 ~ 76.53CFM(最小帯域)
■対応CPU:intelソケット775/1366/1156/AMDソケット754/939/940/AM2/AM2+/AM3
■ヒートパイプ:6mm径×8本
■本体重量:1040g
■付属品:各種ソケット/Fan取り付け具、マニュアル
■パッケージ寸法・重量273×145×140mm・1460g
PR

ScytheからThermalright社製のCPUクーラー Venomous Xが発売

ScytheからThermalright社製のCPUクーラー Venomous Xが発売

対応ソケットはLGA775・1156・1336で、INTEL製のCPUのみとなります。

価格は9000円前後と高いですが、Thermalrightのこのシリーズは冷却面では実績が高いので安心です。

更にCPU接触面が鏡面処理されていて、密着度が上がり冷却性能が上がりそうですね。


Scythe Venomous X 販売価格:\8,980 (税込)
サーマルライトブランドフラグシップCPUクーラー/サイドフロー型/ファン別途/LGA775/1156/1366のみ対応

■サーマルライト社フラグシップCPUクーラー!
■intelソケット775/1156/1366対応※AMDソケットには非対応です。
■ブラケット荷重固定システム採用!各ソケットに対し40~70lbs(18.14~31.75kg)の間でテンションの調整が可能!
■サイズ:127×63×高さ160mm(クーラー本体・・・図示)
■対応ファン:リブ無しの12cm角ファン ※別途ご用意下さい
■対応CPU:intel ソケット775/1366/1156
■ヒートパイプ:6mm径×6本
■本体重量:755g
■付属品:グリス、図解入り英語マニュアル、ファン固定用クリップ×2セット
■パッケージサイズ・重量:220×175×113mm・1310g

怪我をしそうなぐらいギザキザなCPUクーラー 夜叉が発売

怪我をしそうなぐらいギザキザなCPUクーラー 夜叉が発売

ギザギザハートの子守歌ではないですが、持っただけで怪我をしそうですね・・・(古w)

取り付け中に足などに落としたら絶叫間違いなし。

重さも0.848kgと、けっこう重いですしw

しかしこのギザギザにも理由があって、冷却の効率が上がるのだそうです。


Scythe 夜叉クーラー (SCYS-1000)販売価格:\3,980 (税込) ポイント:40
可変PWM仕様小軸12cmファン「KAZE-JYUNI」搭載サイドフロー型CPUクーラー/LGA1156/1366他マルチ対応

■サイドフロー型CPUクーラーの新モデル:形状の違うざく切りフィンを階段状に並べる事でエアフローのロスを減らし放熱性の向上に成功。
■オリジナル小軸&大型ブレード設計12cmファン:「KAZE JYUNI」の可変PWMモデル搭載※最小回転数、最大回転数を個別に設定することは出来ません。
■「T.M.L.F」トライデント多層フィン構造:(Trident Multi Layer Fin Structure)無限クーラーで培った多層フィン構造が更に進化メインフィンとサブフィンをトライアングル状に多層化し、ファンの風量を最大限に吸収させる「へこみ」状のフィン設計との融合によりヒートパイプからの熱を最も効率よく吸収可能なフィン構造の開発に成功オーバークロックはもちろん、クアッドコア以上の更なるマルチコアCPUに対しても余裕の冷却が可能。■「改良版VTMS」採用:(Versatile Tool-Free Multiplatform System)お馴染みの簡単ワンタッチ交換式クリップシステムを採用。取付け作業における面倒なネジ留めや専用バックプレートが一切不要です。
■段違い6本ヒートパイプ構造:6本のヒートパイプを段違いに配置することにより、熱輸送の高効率化を実現■ワイドレンジRPM設計:低回転~高回転まで、どの回転数のファンでも最適な性能を発揮!極静音モードから究極のオーバークロックまでサポート(ファン回転数なりの最大性能が常に発揮される、という意味になります。ファンの回転数を上げれば上げるほど冷却性能はリニアに上がり、冷却能力の急激な頭打ちなどが発生しません。また、逆にファン回転数を落としても一定レベルの冷却性能は維持され、急激な冷却能力の落ち込みが発生しない設計となっております。)
■intel(ソケット1156含む)/AMDマルチソケット対応
■サイズ:130×108×高さ159mm(クーラー全体)/120×120×厚さ25mm(付属ファン)
■ファン回転数:740±25% ~ 1900rpm±10%(最大帯域)/470±30% ~ 1340rpm±10%(最小帯域)
■ノイズ:9.8 ~ 37.0dBA(最大帯域)/7.05 ~ 27.3dBA(最小帯域)
■風量:37.15 ~ 110.31CFM(最大帯域)/23.0 ~ 76.53CFM(最小帯域)
■対応CPU:intelソケット775/1366/1156・AMDソケット754/939/940/AM2/AM2+/AM3
■ヒートパイプ:6mm径×6本
■本体重量:848g
■付属品:グリス、日本語マニュアル
■パッケージサイズ・重量:235×150×128mm・1160g

Scythe Tower 120 Extreme

Scytheから巨大CPUクーラー Tower 120 Extremeが発売

これで冷えなきゃ嘘でしょうというスペックです。

価格は7000円と高めですが、最近のCPUクーラーとしてはそれほど高い訳でもありません。

・仕様概略
・サイズ・・・ 131×112.31×高さ150.7mm(クーラー全体) 120×120×厚さ25mm(付属ファン)
・ファン回転数:1000~2000rpm±10%(回転調整ツマミ付)
・ノイズ・風量:18~39dBA / 最大90.65CFM
・対応CPU intel P4ソケット775/1366/1156 AMDソケット939/940/AM2/AM2+/AM3
・ヒートパイプ:8mm径×3本 + 6mm径×2本(合計5本)
・本体重量:940g 付
・属品:クリップシステム一式、グリス、英語図解マニュアル
・パッケージサイズ・重量:190×252×160mm・1590g

・製品の特徴
・TuniqブランドハイエンドCPUクーラー!
・コアコンタクト(ダイレクトヒートパイプ)&異径パイプ方式(8mm径+6mm径)採用で高冷却を実現!
・intel(ソケット1156含む)/AMDマルチソケット対応!
・ミッドシップマウントファン構造ファンの風量と静圧のロスを防ぐためヒートシンク中心部にファンを設置。
・ブルーLED搭載流体軸受けファン採用さらにツマミ付きファンコントローラー付属で任意の回転数での運用が可能!
・付属の専用バックプレートでCPUソケットへの確実な取付けが可能。
・AM2/AM3用に縦向き、横向きに取り付けも可能なクリップシステム。
・RoHS対応の環境配慮型プロダクト。


Scythe Tower 120 Extreme 販売価格:\6,980 (税込) ポイント:70
ファンコン搭載12cmファン搭載サイドフロー型CPUクーラー/LGA1156/1366他マルチ対応、コアコンタクト方式採用

■TuniqブランドハイエンドCPUクーラー!
■コアコンタクト(ダイレクトヒートパイプ)&異径パイプ方式(8mm径+6mm径)採用で高冷却を実現!
■intel(ソケット1156含む)/AMDマルチソケット対応!
■ミッドシップマウントファン構造:ファンの風量と静圧のロスを防ぐためヒートシンク中心部にファンを設置。
■ブルーLED搭載流体軸受けファン採用:さらにツマミ付きファンコントローラー付属で任意の回転数での運用が可能!■付属の専用バックプレートでCPUソケットへの確実な取付けが可能。
■AM2/AM3用に縦向き、横向きに取り付けも可能なクリップシステム。
■サイズ:131×112.31×高さ150.7mm(クーラー全体)/120×120×厚さ25mm(付属ファン)
■ファン回転数:1000~2000rpm±10%(回転調整ツマミ付)
■ノイズ・風量:16~20dBA / 最大90.65CFM■対応CPU:intel P4ソケット775/1366/1156AMDソケット939/940/AM2/AM2+/AM3■ヒートパイプ:8mm径×3本 + 6mm径×2本(合計5本)
■本体重量:940g
■付属品:クリップシステム一式、グリス、英語図解マニュアル
■パッケージサイズ・重量:190×252×160mm・1590g

インテルの新CPUは来年1月8日発売開始

インテルの新CPUは来年1月8日発売開始されますが、やっと予価が出始めています

「どうなの?コレ。売れるの?」(12/18) ---複数ショップ店員談

●Core i3-530(2.93GHz,Cache 4MB,GPU 733MHz,Clarkdale)約\12,500
●Core i3-540(3.06GHz,Cache 4MB,GPU 733MHz,Clarkdale)約\14,500

●Core i5-650(3.20GHz,Turbo Boost,Cache 4MB,GPU 733MHz,Clarkdale)約\19,000
●Core i5-660(3.33GHz,Turbo Boost,Cache 4MB,GPU 733MHz,Clarkdale)約\21,000
●Core i5-661(3.33GHz,Turbo Boost,Cache 4MB,GPU 900MHz,Clarkdale)約\21,000
●Core i5-670(3.46GHz,Turbo Boost,Cache 4MB,GPU 733MHz,Clarkdale)約\29,500

●Core i5-750s(2.40GHz,Turbo Boost,Cache 8MB,TDP82W,Lynnfield)約\27,000
●Core i7-860s(2.53GHz,Turbo Boost,Cache 8MB,TDP82W,Lynnfield)約\35,000
●Pentium G6950(2.80GHz,Cache 3MB,GPU 533MHz,Clarkdale)約\10,000

やはり一万円を切る価格の、Celeronの様なモデルは無いんですね。

今までオンボードグラフィックのマザーが無かったCore iシリーズですが、H55搭載のIntel純正のマザー BOXDH55HCとBOXDH55TC1が12000円前後で発売されます。これで価格の面では、VGAのいらない人には安価に自作できるようになりますね。


<<PCパーツショップ>>
 ドスパラT・ZONEクレバリーTWOTOPフェイスソフマップTSUKUMO

LGA1156専用クーラー Scythe MUX-120が発売

LGA1156専用クーラー Scythe MUX-120が発売。


なんでわざわざ専用にしたのかは理解できませんが・・・・・・

スペック
・MUX-120 JAN:4571225046037
・サイズ
133×53×高さ160mm(ヒートシンク)
120×120×厚さ25mm(付属ファン)
・ ファン回転数:1200rpm±10%
・ノイズ・風量:23.5dBA / 41.8CFM
・対応CPU:intel LGA1156
・ヒートパイプ:6mm径×4本
・本体重量:535g(ヒートシンクのみ)
・付属品:グリス、英語マニュアル パッケージ
・サイズ・重量:277×160×105mm・1040g


Scythe MUX-120
販売価格:\6,980 (税込) ポイント:70
サーマルライト製LGA1156専用サイドフロー型CPUクーラー/静音12cmファン付属


■サーマルライトブランドのソケット1156専用CPUクーラー!6mm径ヒートパイプ4本のサイドフロー型に静音12cmファンを同梱!
■専用バックプレート(付属)によるネジ留めタイプの固定方式を採用
■サイズ:133×53×高さ160mm(ヒートシンク)/120×120×厚さ25mm(付属ファン)
■ファン回転数:1200rpm±10%
■ノイズ・風量:23.5dBA / 41.8CFM
■対応CPU:intel LGA1156
■ヒートパイプ:6mm径×4本
■本体重量:535g(ヒートシンクのみ)

オウルテックから、CPUクーラー 無双と斬のVer.2が発売

オウルテックから、CPUクーラー 無双と斬のVer.2が発売

Ver.2と言うことで、それぞれマイナーチェンジしております。

LGA1156に対応した事が一番の変更点でしょう。

性能は実証済みですので、OC等でCPUの冷却重視なら無双で周辺チップも冷却して安定志向なら斬で良いと思います。


オウルテック 無双 (MUSOU)ver.(OWL-CCSH01S)
販売価格:\3,980 (税込) ポイント:40
PCケース内部のエアフローを正しく設計すれば静音で非常に冷える冷却PCを構築可能な『サイドフロー構造』!
TDP130W対応:負荷に応じて500~1,650rpmの範囲で回転数が変わる冷却性と静音性とのバランスは同価格帯トップクラス実現

■純銅製ヒートパイプ採用/純銅製CPU吸熱面:優れた高性能大型ヒートシンク
■軽量アルミ放熱フィン!増設ファン用固定金具が付属!:他社製品では別売りの、増設ファン用固定金具が標準で付属してます
■120mmのPWMファンを採用!:PWM機能によりCPUの温度に応じて適切な回転数にコントロールされます
■デュアルファン仕様可能:更なる冷却を実現(別途市販の120mmファン必要)
■増設ファン用固定金具が付属!他社製品では別売りの、増設ファン用固定金具が標準で付属してます。リテールクーラーと同じ取付け・取外し方式ネジレスプルプッシュ式クリップ採用
■対応-TDP:130W
■対応Socket:Intel LGA1156、LGA 1366、LGA 775◇AMD AM3 / AM2 / AM2+ / 754 / 939 / 940トータルサイズ:125(W)x106(D)x153(H)mm※突出部分を含む
■FANサイズ:120 x 120 x 25mm
■FAN回転数:500~1,650rpm
■ベアリング:2ホールベアリング
■コネクタ:PWM 4pin
■騒音:17.4~28.8dB(A)
■エアフロー:62CFM 1.76m3/min(1650rpm時)
■重量:700g(クリップを除く)
■付属品:LGA 1156/1366/775兼用ブラケット
・AMD固定用ブラケット・クーラー固定用ピン
・増設ファン固定用金具
・高性能シリコングリス / ネジセット

オウルテック 斬 (ZAN)ver.?(OWL-CCSH02S)
販売価格:\3,780 (税込) ポイント:38
重負荷/高温になりがちなCPU周りを総合的に冷却することが可能な『トップフロー構造』!
TDP130W対応!負荷に応じて500~1,650rpmの範囲で回転数が変わる冷却性と静音性とのバランスは同価格帯トップクラス実現

■純銅製ヒートパイプ採用/純銅製CPU吸熱面:優れた熱伝導効率により、効果的な吸熱と放熱を実現、非常に高い冷却性能を発揮
■軽量アルミ放熱フィン!:大型アルミシンクを採用する事で高効率の冷却性能を発揮優れたエアーフローによって効果的な放熱が得られます
■120mmのPWMファンを採用!:PWM機能によりCPUの温度に応じて適切な回転数にコントロールされます
■リテールクーラーと同じ取付け・取外し方式ネジレスプルプッシュ式クリップ採用
■対応Socket :◇Intel LGA1156、LGA 1366、LGA 775◇AMD AM3 / AM2 / AM2+ / 754 / 939 / 940
■トータルサイズ:136(W) x 126(D) x 118.3(H)mm※突出部分を含む
■FANサイズ:120 x 120 x 25mm
■FAN回転数:500~1,650rpm
■ベアリング:2ホールベアリング
■コネクタ:PWM 4pin
■騒音:17.4~28.8dB(A)
■エアフロー:62CFM 1.76m3/min(1650rpm時)
■重量:485g (クリップを除く)
■付属品:LGA 1156/1366/775兼用ブラケット
・AMD固定用ブラケット・クーラー固定用ピン
・高性能シリコングリス ネジセット

Scytheから安価なサイドフローのCPUクーラーが発売

Scytheから安価なサイドフローのCPUクーラーが発売。

全体的な傾向としては、サイドフロー型の方がCPUの冷却能力が高いですが・・・・・・

トップフロー型と違って、周辺の冷却は期待できません。

この辺りが両者を選ぶ場合の悩ましい所です。


Scythe AK-968 X4 販売価格:\2,980 (税込) ポイント:30
PWM仕様9cmファン搭載サイドフロー型CPUクーラー、LGA1156/1366他マルチ対応

■akasaブランドサイドフロー型CPUクーラー!
■intel(ソケット1156/1366含む)/AMDマルチソケット対応!intel系はプッシュピンによる固定、AMD系は付属のレバーによるリテンションへの固定となります。
■PWM仕様9cmファン搭載!
■サイズ:109×90×高さ135mm92×92×厚さ25mm(付属ファン)
■ファン回転数:600~2500rpm±10%(PWMによる自動可変)
■ノイズ・風量:17~29.5dBA / 最大47.68CFM
■対応CPU:intel P4ソケット775/1366/1156AMDソケットAM2/AM2+/AM3
■ヒートパイプ:6mm径×3本
■本体重量:458g
■付属品:クリップシステム一式、グリス、英語マニュアル
■パッケージサイズ・重量:195×165×128mm・735g
■商品の仕様・デザイン・付属品・マニュアル言語(ベース英語)等は予告なく変更になる場合がございます。
※詳細につきましてはメーカーページをご確認ください。尚、変更に伴うご返品、ご返金につきましてはお受けできません。
■リビジョン等の指定でのご発送はできません。

Scythe AK-CC017 FREEDOM TOWER 販売価格:\3,980 (税込) ポイント:40
ホワイトLED搭載PWM仕様12cmファン付サイドフロー型CPUクーラー/LGA1156/1366他マルチ対応、ダイレクトヒートパイプ方式採用

■メーカーよりパッケージ表記の訂正とお詫びがあります。本製品パッケージの日本語ラベル記載内容にて大きさが 120×92×高さ160mmという記載になっておりますが、正しくは125×92×高さ160mmとなります。ヒートシンク本体の幅としては120mmとなりますが、ファン取付け具を含めた場合の幅は125mmとなるためです。ここに訂正とお詫びを申し上げます。
■akasaブランドダイレクトヒートパイプ方式採用のハイエンドサイドフロー型CPUクーラー!6mm径ヒートパイプ4本採用で高冷却を実現!
■intel(ソケット1156/1366含む)/AMDマルチソケット対応!本製品は付属の専用バックプレートによる固定方式となります。
■ホワイトLED搭載PWM仕様12cmファンを採用!
■サイズ:125×92×高さ160mm/120×120×厚さ25mm(付属ファン)
■ファン回転数:500~1700rpm±10%(PWMによる自動可変)
■ノイズ・風量:17.38CFM / 18.3dBA ~ 57.32CFM / 27.18dBA
■対応CPU:intel P4ソケット775/1366/1156/AMDソケットAM2/AM2+/AM3
■ヒートパイプ:6mm径×4本■本体重量:700g■付属品:クリップシステム一式、グリス、英語マニュアル
■パッケージサイズ・重量:205×168×122mm・1155g
■商品の仕様・デザイン・付属品・マニュアル言語(ベース英語)等は予告なく変更になる場合がございます。
※詳細につきましてはメーカーページをご確認ください。尚、変更に伴うご返品、ご返金につきましてはお受けできません。
■リビジョン等の指定でのご発送はできません。

Scytheから グランド鎌クロスが発売!

Scytheから グランド鎌クロスが発売開始されました。

前作の鎌クロスもその形からネタ扱いを受けてきましたが・・・・・・

冷却性能は、意外に高いですよ?

なんと言っても、3個も買った私が言うんだから間違いないですw

ファンが12cmから14cmになった事で、周辺のチップの冷却性能も上がってそうなのが(・∀・)イイネ!!

・・・・・・

・・・

更にこの鎌クロスの形を見ていると・・・・・・魔改造したくなってくるんですよね・・・・・・

クロスしている両方のフィンに、8cmファンを付けたらどうだろうとか・・・・・・

価格も安いですし、普通に使ってもリテールとは比べものにならない性能ですので損はないと思います。


Scythe グランド鎌クロス (SCKC-2000)販売価格:\3,780 (税込) ポイント:38
PWM仕様14cmファン搭載トップフロー型CPUクーラー・LGA1156/1366他マルチ対応

■ヒットモデル”鎌クロス”の性能を強化した正常進化モデル!
■intel(ソケット1156含む)/AMDマルチソケット対応!
■トップマウントファン構造:クーラー上面からマザーボード方向へ風をあてるオーソドックスな構造を採用することにより、チップセット及びソケット周辺のVRモジュールのMOS-FETなどの冷却を行えるようにしました。
■「風丸2」12cm互換14cmファン採用!:12cmファンと同じネジ穴位置で固定可能な14cmファン風丸2を採用。大口径ファンのメリットを活かした静音性と高い冷却性能を実現。PWMコントロール対応。(風丸2は後日、定格回転モデルで単品販売の予定です。)
■X空間フィン構造:フィン構造との間にギャップを設けることにより、従来のトップフロー型マザーボード上のコンポーネンツへのエアフローを改善。また上部へと冷却部を配置してマザーボード付近のクリアランスを確保し、CPUクーラー自体がシステム全体のエアフローを阻害することを回避しました。
■4方向へ取付可能:CPUソケットに対し4方向への取付けが可能。これによりPCケース内のエアフローをより自由に設定可能。※お使いになるPCケース・マザーボードのデザインによっては特定の方向で物理的な干渉が発生する可能性がありますのでご注意下さい。
■サイズ:177×140×高さ137mm(クーラー全体)/140×140×厚さ25mm(付属ファン)
■ファン回転数:500~1300rpm±10%
■ノイズ・風量:27.2CFM / 9.6dBA ~ 69.93CFM / 24.7dBA
■対応CPU:intel P4ソケット478/775/1366/1156AMDソケット754/939/940/AM2/AM2+/AM3
■ヒートパイプ:6mm径×4本
■本体重量:750g
■付属品:グリス、日本語マニュアル
■パッケージサイズ・重量:220×180×152mm・1085g

侍Zの後継SAMURAI ZZが発売。

侍Zの後継SAMURAI ZZが発売。

ネーミングが、ガンダムみたいですねー・・・・・・

形状が変わっていますが、トップフロー系のC`Uクーラーとしては安価で性能も良さそうです。

CPUクーラーに5000円以上出したくない人にはお勧め。

値段が高いのは、大型化のする傾向なので大きさで選ぶのもポイントかも。


Scythe SAMURAI ZZ 「侍ダブルゼット」 (SCSMZ-2000) 販売価格:\2,980 (税込)ポイント:447  15%還元

■トップフロー型CPUの伝統を継承する侍シリーズに新たな「ZZ(ダブルゼット)」登場!
■ファストフェーズ構造(Fast-Phase Structure)採用!大型の銅製ベースプレート、大型のベース部押出しタイプヒートシンクに対し、直接のエアフローを行う新開発の構造により小型ながら高効率な冷却を実現!
■PWMコントロール対応。※PWM機能に対等していないマザーボードに接続した場合、本製品の搭載ファンは最大回転数で駆動します。
■ ワイドレンジRPM設計!低回転~高回転まで、どの回転数のファンでも最適な性能を発揮!極静音モードから究極のオーバークロックまでサポート!(ファン回転数なりの最大性能が常に発揮される、という意味になります。ファンの回転数を上げれば上げるほど冷却性能はリニアに上がり、冷却能力の急激な頭打ちなどが発生しません。また、逆にファン回転数を落としても一定レベルの冷却性能は維持され、急激な冷却能力の落ち込みが発生しない設計となっております。)
■マルチソケット対応!intelソケット478/775/1366およびAMDソケット754/939/940/AM2/AM2+/AM3に対応!
■「改良版VTMS」採用!(Versatile Tool-Free Multiplatform System)お馴染みの簡単ワンタッチ交換式クリップシステムを採用。取付け作業における面倒なネジ留めや専用バックプレートが一切不要です
■サイズ:94×122×高さ94mm(クーラー全体)/92×92×厚さ25mm(搭載ファン)
■ファン回転数:300 ~ 2500rpm±10%(PWMによる可変)■ノイズ・風量:6.7CFM / 7.2dBA ~ 55.55CFM / 31.07dBA■ベアリング :スリーブベアリング
■対応CPU:intel P4ソケット478/775/1366AMD Athlon64ソケット754/939/940/AM2/AM2+/AM3
■ヒートパイプ:6mm径×3本
■重量:495g
■パッケージサイズ・重量:155×104×高さ104mm(耳は含まず)・ 645g
■付属品:クリップシステム一式、グリス、日本語マニュアル
NINJA
AMAZON.COM




レビュー記事
無料DNSサーバー EveryDNSが8月いっぱいで終了しました
Corsair MemoryのVENGEANCEシリーズを買ってみました
667GBプラッタのWD20EARSを試してみました
Radeon HD4830が壊れたので、Radeon HD5450を買ってきた
WD20EARSをXPで使ってみる
Seagate ST31000528ASが死んだ・・・のか・・・?
NEC Express5800/S70(タイプFL) がキタ━(゚∀゚)━!!
Adaptec AAR-2610SAのドライバが・・・・・・
GNO3の登録が完了!後は3月1日の開戦を待つだけです
GNO3が届きました。これで地球降下作戦の準備完了!
GNO3での新たな1年戦争開始まで2週間を切りました!
ガンダムネットワークオペレーション3が3月1日から正式サービス開始
2010年元日の秋葉原
Windows 7の深夜販売に行ってきました
話題のCeleron Dual-Core E3200を買ってきてみた
アクティス G-POWERX AP-1000GLX80+BLを購入
HDDの調子が悪いのでローレベルフォーマットしてみました
WD10EADS-00M2B0 レビュー

PQI X25-Mを買ってみた
Core i7を買ってきた
超力400Wがキタ━(゚∀゚)━!!
Scytheのまな板 ACTS-T レビュー①
今更ながら、SAMSUNG HD154UIのベンチ等のレビュー
DX dealextremeからやっと全ての荷物が届いた・・・
DX dealextremeで買い物をしてみた
G2411HD レビュー②
G2411HD レビュー①
Seagate ST31000528ASを買ったのでベンチマークテストをしてみた
Express5800/S70(タイプSD)を分解してみた
Express5800/S70(タイプSD)がキタ━(゜∀゜)━!!
Radeon HD4830を買ってみました( ・ω・)
さあ、ケースも自作しようか?
atikmdag が応答を停止しました・・・orz
Silicon PowerのSSDでRAID0
Q8200とCORSAIR TX750W
玄人志向 SATARAID4P-PCIで1TBが認識しない!
ツクモが仮オープン
WD5000AAKSが突然死・・・orz
サイドフローよりもトップフロー
Core i7の深夜販売に行ってきました。
WesternDigitalのEACSとEADSの比較
エコな鯖を作ってみる。(GA-EG43M-S2H)レビュー
Windows 2003でファイルサーバー
Radeon HD4870 レビュー ②
Radeon HD4870 レビュー ①
Radeon HD4850 レビュー ③
Radeon HD4850 レビュー ②
Radeon HD4850 レビュー ①
これが334GBプラッタの実力か!WD10EACS-00D6B0
GA-EP35-DS3R 再起動病か?
WesternDigital WD10EACS レビュー
Radeon HD3870 レビュー 2
Radeon HD3870 レビュー 1
G2400W レビュー

自作パーツ関連 リンク
アクセス解析
その他リンク
コガネモチ
カウンター・ブログ内検索

カスタム検索

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]